【資産運用の見直し】30代のサラリーマン家庭はどのように資産運用すべき?

f:id:simple-money:20170901225956j:plain


こんにちは、たこ吉です。

このブログを立ち上げて、資産運用の方針を「貯蓄」から「投資」へ少しずつシフトさせて、運用を行ってきました。

今回は、資産運用の方針を見直して約2ヶ月が経ったので、現在の資産についてまとめてみたいと思います。2ヶ月前とどう変わったのか?!見てみたいと思います。

 

【見直し前】2017年8月14日の総資産

約2ヶ月前に資産運用の見直しを行った頃の「総資産」は、過去の記事でも紹介しましたが、以下の通りです。

f:id:simple-money:20170814153226p:plain

 

<参考:過去記事>

www.takokichi.com

 

不動産のお金は手を付けられないので、それ以外の資産に目を向けると、約1,200万円のうち、約7割が銀行口座への預金になっています。

銀行口座に預けても、金利が0.001%という低金利ですので、まったく「オイシクナイ」のです。それに気づいてから、投資信託などへの投資を始めました。

 

<詳しい背景は↓> 

www.takokichi.com 

 

【見直し後】2017年10月15日の総資産

現時点での、総資産および内訳は以下の通りです。右側が現時点での資産です。

f:id:simple-money:20171015164408p:plain

 

感覚的には、現預金をかなり投資信託に移したイメージでいたんですが、
割合としては2.4%→6.3%(3.9ポイント増)ですね。

株式投資も、売却と買付を行い多少割合が増加しています。
12.0%→13.5%(1.5ポイント増)です。

こうして見てみると、まだまだ現預金の割合が高い気がします
これから市況が悪くなった時のために投資元金を多く持っていたい気持ちもあるので、どこまで投資に回すか要検討ですね。

まずは、投資信託の積立投資をコツコツ続けます。
株式投資も長期保有を前提にした、高利回り&割安の銘柄に投資していきたいですね。

 

いろいろな投資信託&ロボアドバイザーに投資し始めたので、それらの運用実績もまとめて記事にしたいと思いますー。

 

私のような凡人は、コツコツやるのが一番です。