たこ吉の「資産1億円を目指す」ブログ

30代のフツーのサラリーマン。資産1億円を目指して資産を増やし中です。

【米国株×インデックス投資×積立投資×長期保有】が最も勝つ確率が高い

f:id:simple-money:20180218015915j:plain

 

つい先日、たまたまなのですが、金融関係の仕事をしている友人と飲む機会がありました。人柄、知識、経験、どれをとっても、とても信頼の置ける人なので、いろいろと投資のことや市況に関することなど話を聞かせてもらいました。

 

長期的な視点に立つと米国株式市場は成長していく

過去の歴史を見ても、現在の米国企業の「投資家への姿勢」を見ても、米国の株式市場は成長していく。株価が下がるような事態になっても、株価が上がるような施策を打ってきた。これからもそうなるだろうと。

イノベーションも起こりやすく、起業も盛ん。人口も増える。国として成長していくだろう。

 

インデックス投資での分散投資が効果的

米国市場の中でも、「分散投資」という観点から、個別株ではなく、インデックス投資が効果的である。どの銘柄が上がるか読み切るのは難しいが、「平均値」なら上昇していくことがある程度、「読める」。

そういう意味だと、米国の主要インデックスのS&P500やNYダウ平均などをベンチマークした商品に投資するのが最も効果的。

 

積立投資をすることで売買のタイミングを計らない

投資の基本は、「安く買って高く売る」こと。しかし、今が安いのか高いのか、正確に見計らって売買できないのが普通。ごくごく一部のセンスあふれる投資家は売買のタイミングを計れるのだろうけど、サラリーマン投資家は「最適な売買のタイミングなんて計れない」という考えを前提に立った方が、精神衛生上、良い。

具体的には、信託報酬の安い投資信託を毎月積立投資するのが良い、という結論になる。

 

右肩上がりする商品に投資しているのだから、基本的にBUY & HOLDで良い

売ったり、買ったりしない。良い商品と思うものを買う。買ったら持ち続ける。

右肩上がりしそうな米国のインデックスに毎月コツコツと積み立てていく。BUY & HOLD を続ける。市況がどうなろうと、淡々と、機械的に買い続ける。

投資期間を長期にする、具体的に言うと20年以上にすると、リターンは得られる。つみたてNISAはまさにうってつけ。感情を挟んでしまうと失敗の元。とにかく私情を挟まず、淡々と買い続ける。無理しない範囲で。

 

 

パフォーマンスを左右するのは、ポートフォリオの組み方だ

今まで書いたようなことを実践するだけだと、なんとも「つまらない」投資方法だと思われそうだ。自分らしさ、楽しさ、などを見出すのは、その人なりのポートフォリオの組み方だろうか。

実際、投資パフォーマンスを最も左右するのは、投資の「タイミング」ではなく、「どういうポートフォリオを組むか?」という結論が出ている

自分が取れるリスクを把握したうえで、最適なポートフォリオを組む。あとは、上記に照らし合わせたインデックスファンドを積み立てていく。

簡単そうに見えて、それを実践するのが一番難しいんだよな。。。

 

おわりに

今まで、自分が実践してきて学んだこと、感じたことが、「やっぱりそうなんだ!」と理解が深まった。やはり、たまには異業種の人と話をするのは非常に有益だ。