たこ吉の「資産1億円を目指す」ブログ

30代のフツーのサラリーマン。資産1億円を目指して資産を増やし中です。

つみたてNISAでおススメの投資信託【5選】

WealthNavi(ウェルスナビ)とTHEO(テオ)の資産評価額を公開する
【Udemy】社会人でもオンラインで簡単に学べる時代
【サラリーマン副業】簡単にできるお小遣い稼ぎ
ファイナンシャルアカデミーの「不動産投資スクール 無料体験学習会」に行ってきた

 

つみたてNISAを始めるにあたり、おススメの投資信託をいくつか紹介したいと思います。実際に運用しているファンドがほとんどで、実績に基づいた判断になります。

みなさんが、つみたてNISAをはじめるにあたり、ご参考になれば幸いです。

 

つみたてNISAでおススメの投資信託【5選】

f:id:simple-money:20180114230142j:plain

 

iFree S&P500インデックス

まずは、「iFree S&P500インデックス」です。これは、私が保有している投資信託の中で、パフォーマンスが一番良いです。(2018年1月21日時点)

米国の「S&P500」という信頼と実績のある指標をベンチマークしている投資信託になります。あのウォーレン・バフェット氏も薦めるほどの安定したパフォーマンスを出し続けている指標です。米国の大型・中型株を投資対象にしています。

信託報酬も、0.243%とまずまずです。米国株式に投資をしたいということでしたら、まずおススメしたいファンドです。

 

楽天・全米株式インデックス・ファンド

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」も米国株式を対象にしたファンドです。VTIという人気ETFの投資信託バージョンです。楽天から「低コストでVTIを積立投資できる商品」が登場しました。

「iFree S&P500インデックス」との違いとしては、このファンドは大型~小型株までのすべての米国株式を対象にしている点です。米国株式全体に投資をしたいとお考えならば、投資の中心にしたいファンドだと思います。

 

楽天・全世界株式インデックス・ファンド

名前が似ていますが、こちらは、「全世界」株式です。

投資対象は、米国株式だけではなく、全世界の株式が対象です。こちらもVTという米国ETFの投資信託バージョンです。

米国株式だけではなく、全世界分散投資を行いたい、という方は、こちらのファンドの方が良いでしょう。

 

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

こちらも人気のファンドです。全世界への分散投資ができるファンドなのですが、このファンドの特徴は、株式だけではなく債券やREITも投資対象である点です。

大きな成長は期待できないかもしれませんが、元本割れのリスクを抑えられます。「地域と商品」という2つの軸で分散投資をしたいならば、この1本でしょう。

 

ひふみプラス

ひふみプラスは、今まで紹介したファンドと異なり、アクティブファンドになります。投資対象は、日本株式市場。中小企業を中心に、成長有望企業を見つけ出して、投資していくスタイルで大成長を遂げているファンドです。アクティブファンドなので、信託報酬が高め(1.0584%)ですが、それを補って余りある、高パフォーマンスです。