たこ吉の「資産1億円を目指す」ブログ

30代のフツーのサラリーマン。資産1億円を目指して資産を増やし中です。

【サラリーマン副業】時給で考えるクセをつける

f:id:simple-money:20170909231013j:plain

WealthNavi(ウェルスナビ)とTHEO(テオ)の資産評価額を公開する
【Udemy】社会人でもオンラインで簡単に学べる時代
【サラリーマン副業】簡単にできるお小遣い稼ぎ
ファイナンシャルアカデミーの「不動産投資スクール 無料体験学習会」に行ってきた


たこ吉(@SimpleMoney30)です。

副収入を得ることや収入を上げることを考える上で、「時給で考えるクセ」が大事だと思います。

 

収入増やすには、単価を上げる

1日24時間、1年365日の中で、どれだけ収入を得らえるか?
どれだけ幸せな時間を過ごせるか? 

 

そう考えると、1時間当たりにどれだけの収入を得られるのか?ということを強く意識して過ごすことが大事だと思います。

中には、まったく働かずとも、
お金を稼ぐ仕組みを作って、悠々自適に暮らす人もいます。

 

以前、億単位の資産を築くには、収入を増やすしかない、と書きました。

▼参考記事>>>資産を増やすには、結局、収入を増やすしかないと思う

 

サラリーマンが収入&資産を増やすには、

  • 自分が働く際の単価を上げる=時給を上げる
  • お金が働く際の単価を上げる=利回りを上げる

が方法です。

「働いて収入を増やす」という観点で考えると、やはり「単価、つまり時給を上げる」ことが大事になってきます。

 

普通サラリーマンの時給ってどれくらい?

年収450万円のサラリーマンを考えてみます。毎日、8時間働いて、1ヶ月20日働く場合。

この場合、時給は1,875円です。

 

年収800万円だとどうでしょう。同じく、8時間働いて、1ヶ月20日働く場合。

この場合、4,166円。

 

 年収3,000万円の人。同じように毎日8時間×1ヶ月20日働いたとします。

この場合は、時給は15,625円。

 

年収3,000万円でも、1日8時間×1ヶ月10日働く場合だと、

時給は、31,250円です。

 

自分が将来目標とする収入をえるには、どれくらいの時給を達成しないといけないか、明確する必要ありですね。

 

私は、サラリーマンをしながら、副収入を増やしたいと考えています。

今の生活スタイルで、副収入に割けられるMAX時間は、平日2時間に加えて、毎週末5時間くらいでしょうか。1ヶ月だと合計60時間になります。

 

この60時間で、どれくらいの収入を得られるか?

 

自分の事業を考えていく上で、当然、最初は収入なんて微々たるものだと思いますので、時給計算は低くなると思いますが、長い目でみて、徐々に時給が上がっていくように頑張っていきたいですね。

 

 

副収入を得る方法として「クラウドソーシング」がおススメ

この60時間を使って、簡単&確実に6万円稼ぐ方法があります。それは時給1,000円のアルバイトを60時間すればよいだけです。

このように、実は、「やればできる」という副業がたくさんあります。

 

スキマ時間を活用したお金稼ぎとして「クラウドソーシング」という仕組みが注目を集めています。

クラウドソーシングとは、簡単に言えば「オンライン上で不特定多数の人に業務を発注すること」です。

システム開発、ライティング、Web制作、翻訳などの業務があったときに、「依頼したい人」と「代行してお金が欲しい人」の関係で成り立っています。

有名なところだと、ランサーズ クラウドワークスBizseek などがあります。 

ランサーズ

ランサーズ は、日本最大級のクラウドソーシング・サービス。歴史も長く、扱う仕事の種類も多いです。初心者の方など、迷ったら、まずはランサーズ で始めてみることをおススメします。

■公式サイト>>>ランサーズ  

 

 クラウドワークス

クラウドワークス も、会員数140万人超の日本最大級のクラウドソーシング・サービスです。Webデザイン・ロゴ作成・サイト作成などが多いため、資格やスキルを持っている方などが働きやすいサービスだと思います。

■公式サイト>>>クラウドワークス

 

Bizseek

Bizseek は、2013年に開始したサービスで、比較的新しいサービスです。なんといっても、手数料の安さが特徴です。とにかく儲けを多くしたい人にはおススメです。ランサーズ クラウドワークスにくらべて、扱っている仕事の数が少ないです。

■公式サイト>>>Bizseek

 

おわりに

来年以降、さらに副収入を増やしていけるように、時給で考えるクセをつけて、行動していきたいです。