広陵高校の怪物・中村奨成選手、新たな伝説を作りそうな予感


f:id:simple-money:20170824011609j:image

 

こんにちは、たこ吉です。

 

高校野球夏の甲子園が終わりましたね。埼玉県代表の花咲徳栄高校が、悲願の初優勝を飾りました!そして、埼玉県勢としても初の優勝。本当におめでとうございます!

 

今年は、大会前から早稲田実業の清宮幸太郎選手の話題でもちきりでした。ホームラン記録の更新がかかっており、連日、清宮幸太郎選手のニュースが出ていましたね。

 

しかし、残念ながら、東京都大会の決勝戦で惜しくも敗退してしまいました。

 

スター選手が不在になって、ちょっと寂しい夏の甲子園になるかもな〜、とか予想していたら、とんでもない怪物が現れました。

 

広島県広陵高校の中村奨成選手です。

 

大会の序盤の方でも、走攻守揃ったすごい選手だな〜と思っていましたが、

 

なんとなんと!!

 

あのPL高校の清原選手の1大会のホームラン記録(5本)を塗り替えてしまいました!!

 

これは、本当にとんでもない記録だと思います。

 

清原選手と桑田選手、いわゆるKKコンビの甲子園での記録はアンタッチャブルな、絶対に抜かれない記録だと思っていました。

 

やはり、時代とともに新たなスーパースターが現れるものですね。

 

 

中村選手は、いわゆるアスリートタイプのキャッチャー。最近の選手だと、城島健司さんに近いタイプと言われているそうです。

 

城島健司さんも球史に残る大捕手ですが、中村選手が今後プロに進んで、新たな大捕手への成長を遂げていく可能性があると思うと、、、、

 

将来がホント楽しみですね!!

 

プロに進む意志を示しているそうですので、

まずはドラフト会議に注目ですね!

 

果たして何球団が競合するのか。

早くも楽しみです!