たこ吉の『普通のサラリーマンが30代で資産1億円を目指すブログ』

30代のフツーのサラリーマン。年収350万円からスタートして、資産1,500万円まで増やすことに成功。徹底的な家計の管理と資産運用で資産を増やし中です。

最強のバランス型投資信託は『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』で決まり!

f:id:simple-money:20170814182534j:plain

 

 

こんにちは、たこ吉です。

 

先日、横山光昭さんの人気著書『はじめての人のための3000円投資生活』を買って読んでみた、という記事を書きました。 

 

その中で、おすすめの投資信託としてバランス型の投資信託を挙がられていました。自分自身でも、いろいろ調べてみました。

そうするうちに、現時点で最強(?!)のバランス型投資信託と思われるものを見つけましたので、紹介したいと思います。

 

それは、三菱UFJ国際投信の『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』です!

 

『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』は、信託報酬が年率0.22%と手数料がめちゃくちゃ低い

元々、三菱UFJ国際投信は『eMAXIS バランス(8資産均等型)』というバらンス型の投資信託を提供していました。そのSlim(スリム)版が、『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』です。2017年5月に新たに商品化された投資信託です。

 

スリム版、、、ちょっとわかりにくいですよね(笑)。

 

何がスリムになったかというと、運用管理費用(信託報酬)がスリムになりました。

具体的に言うと、信託報酬が、年率0.54%から0.22%に大幅に下がりました

 

信託報酬とは、簡単に言うと手数料です。例えば、100万円を投資して投資信託を購入した場合、年率0.22%だと、年間で2,200円を手数料として取られる仕組みです。

 

この年率0.22%は、バランス型の投資信託の信託報酬としては、かなり安いものになっています

同じく8資産にバランスよく投資する大和投信の『大和-iFree 8資産バランス』という商品があるのですが、これもかなり信託報酬が低い方ですが年率0.23%です。今回の『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』は、それをさらに下回る年率0.22%です。

 

信託報酬が下がると、その下がった分はそのまま投資家の利益に直結しますから、今回の低・信託報酬は我々個人投資家からすると嬉しい限りですね!

 
 

 

さらに、購入時手数料と信託財産留保額もなし、ということで非常に低コストでバランス型の投資信託を購入&運用できます

 

 基本投資割合は、『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』も『eMAXIS バランス(8資産均等型)』同じ

 具体的な投資先や、バランスの違いはあるのでしょうか?

公式HPをも見る限り、『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』も『eMAXIS バランス(8資産均等型)』も全く同じようですね。

 

f:id:simple-money:20170813213124p:plain

 

f:id:simple-money:20170813213132p:plain

 

地域は、国内、先進国、新興国。投資対象も、株式、国債、不動産。合計8つの投資先に8等分(12.5%)されています。

 

投資先が全く同じなのに、手数料が半額になる、、、

 

これは、『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』を購入しないわけにはいきません。

 

バランス型の投資信託は、「守備型」の資産運用として有効活用したいと考えていたので、この『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』との出会いは本当にラッキーでした。

 

早速、積立投資していきたいと思っています。

先月までは、無理をしすぎていたので、横山さんがすすめているように3,000円という少額からはじめようかなー。

 

<先月、2017年7月の家計簿は無理をしすぎた、、、という話はこちら↓>

simple-money.hatenablog.com

 

 

購入できるのは6つの証券会社から

では、どこの証券会社から購入できるのでしょうか?こちらも公式HPを確認すると、ネット証券を中心とした7つの証券会社だけのようです。

 

f:id:simple-money:20170813213950p:plain

 

私は、例によって、楽天のヘビーユーザーですので(笑)、当然楽天証券から購入する予定です。それに伴って、新たに楽天銀行の口座も開設しようと思っています。そっちのほうが、ポイントが付いてお得のようなので!

 

口座開設して、実際に使いだしたら、楽天銀行のサービスや使い勝手に関しても、今後お伝えできたらと思います。