たこ吉の「資産1億円を目指す」ブログ

30代のフツーのサラリーマン。資産1億円を目指して資産を増やし中です。

【楽天ポイント】2017年の1年間で貯まったポイント数は、なんと・・・

f:id:simple-money:20180101040520p:plain

WealthNavi(ウェルスナビ)とTHEO(テオ)の資産評価額を公開する
【Udemy】社会人でもオンラインで簡単に学べる時代
【サラリーマン副業】簡単にできるお小遣い稼ぎ
ファイナンシャルアカデミーの「不動産投資スクール 無料体験学習会」に行ってきた

たこ吉です。

2018年になりましたが、2017年の取り組みを振り返っていきたいと思います。

自分自身の2018年の資産運用などの取り組みを見直したり、皆さんのお役に立つ内容があれば幸いです。今回のテーマは、「楽天ポイント」について。

 

2017年の1年間で貯まった楽天ポイント数は・・・

77,080ポイント(=77,080円分)でした。

証拠がこちら笑↓ 楽天ポイントクラブのマイページのキャプチャになります。

f:id:simple-money:20180103140830p:plain

 

おととしの2016年も、けっこうポイントを貯めたなー、という印象がありましたが、26,156ポイント。2017年は、その2016年の約3倍のポイント数を獲得しました。

「1ポイント=1円」ですから、77,080円を得たことになります。

これは、かなり助かっています。水やおむつなどの日用品のほか、携帯代の支払いにも利用できます。(わが家は楽天モバイルを使っています)

で、「具体的に何をやったのか?」について、詳しく書いてみます。

 

 

楽天ポイントを多く獲得するためにやったこと

月によってばらつきがありますが、毎月だいたい6,000~15,000ポイントを獲得してきました。要点を2つだけお伝えすると、

  1. 楽天ポイントが貯まる環境を徹底的に整える
  2. 楽天で買えるものは徹底して楽天で買う

の2点です。これだけです。

注意していただきたいのは、「ポイントを獲得するためだけのムダな買い物はしていない」ということです。あくまで、必要なものを楽天で購入しているだけです。

では、具体的にみていきましょう。

 

①楽天ゴールドカードの利用

私は、楽天カードではなく、楽天ゴールドカードを使っています。

理由は、年会費2,160円(税込み) を支払く代わりに、ポイント還元率が+1%になるからです。つまり、楽天市場で216,000円以上の買い物をする人であれば、年会費を払ってでも楽天ゴールドカードを利用した方がお得になります。

f:id:simple-money:20180103154649p:plain

私は、②以降でお伝えする通り、楽天市場で216,000円以上の買い物をしますので、楽天ゴールドカードを使っています。

 

 

②楽天Edyの利用

楽天Edyという電子マネーを使っています。コンビニやスーパー、レストランなど、日々の小さな買い物で、楽天Edyが使えるなら使っています。

楽天Edyという電子マネーについては、関東圏はもちろん、日本各地で利用できるところがたくさんあると思いますので、皆さんご存知の方が多いと思います。

楽天Edyは、「200円の買い物で1ポイント」という還元率です。ただ、楽天カード(や楽天ゴールドカード)との組み合わせや、いろんな条件によっては、ポイントを「2重」、「3重」で貯めることができます。

詳しくは、楽天のHPを! 詳しくはこちら

f:id:simple-money:20180103153601p:plain

 

 

③楽天モバイルの利用

楽天モバイルを利用することで、楽天ポイントの還元率が+1%されます。楽天ゴールドカードと同じですね。

f:id:simple-money:20180103154930p:plain

楽天モバイルを利用するメリットとしては、他にも、

  • 毎月のスマホ代が安い
  • 毎月の支払いに楽天ポイントを活用できる

という点があります。そのため、わが家の毎月のスマホ代は、夫婦2人で4,000円ほどです。めちゃくちゃ安く済んでいます。

楽天市場での買い物のポイント還元率も上がり、毎月のスマホ代も安くなる。わが家では、即決で楽天モバイルに変えました。

 

 

④楽天銀行&楽天証券の利用

わが家の資産運用をする上で、利用している銀行と証券会社は、ともに楽天です。理由は、「銀行預金の金利を0.10%という高金利体制にするため」ですが、楽天ポイント獲得という観点でも、毎月毎月の取引のたびに少額ですが楽天ポイントが貯まっていきます。

必見!楽天銀行を使い始めたからレビューするよ! 
【楽天銀行】金利0.10%の威力はいかほど?!初めて預金利息が振り込まれた。

 

⑤楽天ふるさと納税

2017年、はじめてふるさと納税しました。ふるさと納税のメリットについての説明は省きますが、「楽天ふるさと納税」で購入(寄付)すると、ポイント還元があるので、とてもお得です。

⑥で述べるポイントアップキャンペーン中に購入すると、さらにさらにお得です。

ポイント10倍とかあるので、ふるさと納税30,000円を購入すると、3,000円分のポイントが付いてきます。

このように「ふるさと納税」と「キャンペーン」を組み合わせると、ポイント還元がとんでもないことになります。

 

 

 

⑥キャンペーンの徹底活用

楽天市場では、定期的にポイントアップのキャンペーンを行っています。

  •  楽天イーグルス・ヴィッセル神戸・FCバルセロナが勝った翌日はエントリーで全ショップポイント2倍・W勝利で3倍・トリプル勝利で4倍
  • 楽天市場!お買い物マラソン!

などです。この時期に購入すると、とてもお得です。

特に私が有効活用しているのが、「お買い物マラソン」です。これは、買い物した店舗の数ごとに、ポイントが+1倍、+2倍、+3倍、+4倍、+5倍、、、と上がっていくシステムです。たくさんの店舗で買い物すればするほど、ポイント還元率が上がっていきます。

このキャンペーン中に、必要な日用品をまとめ買いすれば、一気にポイント還元率があがります。さらに、値段の安いものから買い始めて、高い買い物をあとにすればさらに効果が絶大です。

 

 

⑦あらゆる買い物を楽天に集約

①~⑥を行い、ポイント還元率が高い状態をキープします。私の場合だと、「+7倍」が基本の状態です。

その上で、必要な日用品を楽天で買っていきます。さらに、⑤で述べた「ふるさと納税」や、御中元や御歳暮などの季節の買い物も楽天でするようにします。とにかく、買えるなら楽天で買うようにします。

わが家が楽天で購入する主なものは、以下です。

  • 水(2L & 500mlのペットボトル)
  • おむつ
  • おしりふき
  • お米
  • 洗剤
  • シャンプー
  • 御中元
  • 御歳暮

などです。あとは、タオルや布団など、随時、必要なものを楽天で買っています。

そうすれば、毎月6,000~8,000ポイントが貯まると思います。

 

 

【参考】1か月15,000ポイント獲得したときの話

以前、記事にも書きましたが、もっともポイントを稼いだ月は、10,000ポイントを超えました。記事を書いていた時(中旬ごろ)は、12,000ポイントでしたが、最終的には、15,000ポイントを超えました。

www.takokichi.com

この記事でも、いろいろとお得な内容を書いていますので、是非お読みください。