たこ吉ブログ

資産1億円を目指して、好きなように生きる

【資産運用】複利のすごさを具体的に数字にしてみた。

たこ吉( @SimpleMoney30 )です。

長期で資産運用をする上で、重要になってくる考えは、「複利」です。

かのアインシュタインも、「人類最大の発明は、複利だ」と言っています。

しっかり「複利の効果」を理解して、メリットを享受できると、資産を大きく増やせる可能性が高くなります。

 

しかし、「複利は大事」、「複利はすごいらしい」と分かっていても、具体的なイメージがわかないと、何をどうすれば良いかわかりません。

そこで、今回は、複利の効果を具体的に数字とグラフで表現して、イメージが湧くようにしてみました。 

 

利回り7%で50年間運用すると、約30倍に。

複利の効果を、グラフにしてみました。

  • 0.1%
  • 1.0%
  • 3.0%
  • 5.0%
  • 7.0%

という運用利回りで、比較しています。

横軸が、「時間」で、最大50年間です。

縦軸が、どれだけ資産が増えるかを示しています。

f:id:simple-money:20171116185151p:plain

ご覧の通り、利回りが高いほど、資産は指数関数的に増加していきます。

運用利回り7%だと、 50年後には約30倍になります。

逆に、運用利回り0.1%だと、 50年後には約1.1倍にしかなりません。

銀行の普通預金だと0.1%以下ですから、1.1倍にすらならない、、、ということですね。

資産を増やしたいとお考えの方は、まず銀行口座への預金から再検討した方がよいかもしれません。

関連記事>>>楽天銀行の普通預金口座を開設したら、金利がメガバンクの100倍になった?!

 

自分の資産運用計画に合う【運用利回り × 年数】を見つける

個人的には、「資産を大きく増やすには、収入を増やすしかない」という結論に至っているのですが、余剰資金をどのように運用するか?は資産運用するうえで非常に重要なので、自分なりの【運用利回り × 年数】の目標を定めておくことが重要だと思います。

以下は、【運用利回り × 年数】の一覧表です。

f:id:simple-money:20171118170937p:plain

現在を「1」としたときに、どれだけ資産が増えているか?という表です。「1.5」と書かれていたら、その条件だと資産が「1.5」倍に増えます、という意味です。

例えば、「運用利回り3%」で「13年間」運用したら、資産は「1.5」倍になります。

皆さんの目標に応じて、参考にしていただければ幸いです。

  • 15年後までに、資産を2倍にしたいんだけど、どれくらいの運用利回りを目指したらいいんだろう。
  • 運用利回り3%を、何年間続けたら、資産は2倍になるのだろう。

とか。

皆さんのご興味に応じてご参照頂けたらと思います。

 

 

おわりに

自分の場合だと、「15年後」というのを1つの区切りにしようと思っているので、年数という軸と、目標とする資産額を照らし合わせて、目標とする運用利回りを考えていきたいですね。