【サラリーマン副業】簡単にできるお小遣い稼ぎ

f:id:simple-money:20171111174523j:plain

たこ吉(@SimpleMoney30)です。

今回は、サラリーマンができる簡単な副業について。

先日、サラリーマンを続けながら、財布の数を増やすことについて記事にしました。
▼関連記事>>>【副業】あなたは「財布」を何個持っていますか? 

 

 

この本の中でも、紹介されていましたが、

サラリーマンを続けながらでも、月5~10万円くらいなら、
誰でも簡単に稼ぐことができます。

「やるか・やらないか」だけです。

 

時給1,500円のバイトを8時間、週2日ほどやれば、それだけで96,000円です。

それほど難しいことではないと思います。やればできる話です。

しかし、これは労働時間を提供することの対価として給料をもらう報酬体系です。

いわば、自分の時間(労働時間)の切り売りです。

 

「労働時間の切り売り」型の業の注意点

多くの方の目指すべき姿は、「不労所得を得ること」や、「資産を増やすこと」なので、このような「労働時間の切り売り」型の労働には、中長期的な視点が必要です。

 

 

取り組む時間・期間を決める

このような「労働時間の切り売り」型の労働は、長期間続けるべきではありません。

このタイプの副業をやる際には、続ける期間を、あらかじめ決めておくことが大事だと思います。

貯めたい金額を決めて、その目標に対して時給から逆算して、労働期間を決めます。

  • 子どもの私立中学の入学金100万円を貯める
  • 株式投資の軍資金50万円を貯める

とか、具体的な金額目標を決めて、取り組む副業の時給で割って、労働時間を算出します。

その期間だけは「労働時間の切り売り」型の副業に取り組む!と割り切って取り組むことが大事だと思います。

 

どんなスキル、ノウハウ、経験を得たいかを考える

せっかく取り組むなら、将来役立つスキルやノウハウ、経験が得られるような副業を選びましょう。

  • 将来Webデザイナーとして独立したいから、Webデザインの外注ワークを1つでも多くする
  • ブログや執筆業をしているから、ライティング代行の仕事を行う

など、自分の仕事や目標に合った副業を行うことが、その後の成長に役立つと思います。

コンビニのレジのバイト、、、とかは、あまりおススメしません。

 

「クラウドソーシング」がおススメ

 ここ数年、スキマ時間を活用したお金稼ぎとして「クラウドソーシング」という仕組みが注目を集めています。

クラウドソーシングとは、簡単に言えば「オンライン上で不特定多数の人に業務を発注すること」です。

システム開発、ライティング、Web制作、翻訳などの業務があったときに、「依頼したい人」と「代行してお金が欲しい人」の関係で成り立っています。

有名なところだと、ランサーズ クラウドワークスBizseek などがあります。 

ランサーズ

ランサーズ は、日本最大級のクラウドソーシング・サービス。歴史も長く、扱う仕事の種類も多いです。初心者の方など、迷ったら、まずはランサーズ で始めてみることをおススメします。

■公式サイト>>>ランサーズ  

 

 クラウドワークス

クラウドワークス も、会員数140万人超の日本最大級のクラウドソーシング・サービスです。Webデザイン・ロゴ作成・サイト作成などが多いため、資格やスキルを持っている方などが働きやすいサービスだと思います。

■公式サイト>>>クラウドワークス

 

Bizseek

Bizseek は、2013年に開始したサービスで、比較的新しいサービスです。なんといっても、手数料の安さが特徴です。とにかく儲けを多くしたい人にはおススメです。ランサーズ クラウドワークスにくらべて、扱っている仕事の数が少ないです。

■公式サイト>>>Bizseek

 

おわりに

労働時間の対価として報酬を受けとる副業は、期間を決めて、得られるスキルやノウハウを吟味しながら始めるのが良いと思います。

「副業を始めようかな~」とお考えの方の参考になれば幸いです。