お金が余ったら買うべき、たった1つのもの

f:id:simple-money:20170909231013j:plain

こんにちは、たこ吉です。

 

ロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん 貧乏父さん」という有名な本がありますよね。

 

この本の趣旨は、

「資産」と「負債」をしっかり定義して、お金を増やしていくには「資産」を増やす必要がある、

というものです。

 

お金を増やすには、「たくさん働いてたくさん稼がないといけない」、という古い(?)考えを捨てて、働いて得た収入を元に「資産を買う」ことが重要であると説いています。

 

資産とは何か?

 

著者の定義によると、

 

「資産」は私のポケットにお金を入れてくれるもの

「負債」は私のポケットからお金をとっていくもの

 

実にシンプルですね。

  • 現金は資産ですか?
  • 車は資産ですか?
  • 家は資産ですか?
  • 高級腕時計は資産ですか?
  • 株式は資産ですか?

 

いろいろと自問自答してみて、「これは自分のポケットにお金を入れてくれる」というもの、つまり資産を買っていくことが大事だと改めて思いました。

 

お金が余ったら買うべきものは「資産」。

 

もちろん、生きていく上、生活していく上で、必要なものはあります。それは当然、買う必要があるのですが、それらは「消費」という分類です。「消費」と「投資」をしっかり分けて、「消費」には必要最低限の出費におさえて、不必要なお金は使わないことが重要です。その分の余ったお金を「投資」に回す。

この地道な作業を繰り返すことが重要だと再確認しました。

 

<楽天ポイントで投資信託を購入し始めた、という記事はこちら>

www.takokichi.com

 

現在、楽天のサービスを集中して利用することで、毎月7,000~9,000ポイントが貯まるようになっています。そうすると、つい「何か欲しいものを買おう~!」とか考えて、不必要なものを買ってしまったり、無駄なぜいたくをしてしまいます。 まさに「浪費」です。

そのような気持ちを「グッ」とこらえて、「浪費」ではなく「消費」、「消費」ではなく「投資」、と言い聞かせて、地道に、本当に地道に「資産」を買っていきたいと思います。「千里の道も一歩より」ですね。とくに、私のような凡人は地道に一歩ずつ歩くのが、結果的に一番早くて、効率的で、成功確率が高いと思います。

何でもない毎月の3,000円で、将来お金を生んでくれる「資産」を買い足していくことが大事だ!と自分に言い聞かせます。特に、買い物で貯めたポイントで積立投資をしていると、なんかすごい得した気分になって頑張れるんですよね笑

 

もちろん、たまには家族で旅行に行ったり、楽しい思い出のためにお金を使いますよーー!

 

これからも、地道に頑張ります!!